僕のヒーローアカデミア 第214話 あらすじネタバレと感想~ぼくらの大乱戦~

僕のヒーローアカデミア 第214話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

第213話のおさらい

模擬戦闘戦の途中、緑谷出久(みどりや いずく)はオールマイトから受け継いだ能力「ワン・フォー・オール」の継承者の一人が持っていた能力が発現し、暴走しかけてしまいます。

しかし麗日お茶子(うららか おちゃこ)と心操人使(しんそう ひとし)の機転と能力によって緑谷は辛くも能力の暴走を押さえる事が出来ましたが・・・

 

僕のヒーローアカデミア 第214話のネタバレ

本来であれば、緑谷の能力の暴走が現れた時点で雄英高校の講師陣が模擬戦を終了させる予定でしたが、講師陣の一人レイザー・ヘッド / 相澤消太(あいざわ しょうた)が状況と生徒達の意気込みから戦闘続行の判断を下します。

能力の暴走の危険があるため「ワン・フォー・オール」の使用を止め”無個性”で戦う事を決めた緑谷と麗日、それを迎え撃つBクラスの心操と物間寧人(ものま ねいと)。他の生徒達も入り乱れ、状況は乱戦の様相を呈していきますが、緑谷はここで重要になってくるのは「強制的に人を操る」能力を持つ心操と判断し、一対一の接近戦に持ち込みます。

以前に取っ組み合いの戦いをした時には心操は緑谷に力負けしてしまいましたが、レイザー・ヘッドから近接格闘を習う事で弱点を克服、逆に帯状の捕縛武器を使って緑谷の頭上に建材を落下させます。

絶体絶命のその時、緑谷は「ワン・フォー・オール」の継承者が持つ「物を捕らえたり掴んだりする」能力-「黒鞭(クロムチ)」が発動します。

果たして緑谷は暴走させずに能力を使いこなす事が出来るのか?

熱くなる戦いはまだまだ続きます。

 

僕のヒーローアカデミア 第214話の見どころ&感想

・「ツンデレおっさん」相澤先生のツンデレ爆発 !

いつもは厳しく場合によっては生徒を問答無用で退学にするレイザー・ヘッドこと相澤先生ですが、本当は実はジャンプで一、二を争う「ツンデレおっさん」なのです。

緑谷の暴走で模擬戦は終了させなければならない状況、いつも生徒に甘いオールマイトですら躊躇する中で能力の暴走であれば自分の能力で止められると言い、生徒全員はまだ勝つ気でいると判断し続行させていきます。

ブラドキングからも「おまえ、意外と甘いよな」と言われてしまうツンデレっぷりです。(需要があるかは分かりませんが、、、)

 

・これぞ峰田クオリティー!

今週は久しぶりに「スケベキャラ」峰田実(みねた みのる)の能力の無駄遣いが炸裂します。

峰田の頭から湧いてくるボール状の物質は一旦もぎると強い粘着性を持ち相手を行動不能し、また逆に自分が触れば弾く性質を持ち自身の高速移動を可能にします。

一見地味ですが汎用性の高い能力で、何故か彼はその能力をエロい目的ばかりに使ってしまいます。(何でコイツは雄英高校に受かったんだろう?)

 

・物間の名台詞

常にAクラスを目の敵にする物間寧人(ものま ねいと)。

彼の能力は「触れた相手の能力を使うこと出来る」といったものですが、いろいろと制限があり決して多くの人が憧れる様な強く派手な能力ではありません。

しかし彼は卑屈にならず常に強者を倒そうとする姿勢を崩しません。

「主役を喰らう脇役」彼の心の中の台詞は、持たざる者がそれでも上を目指す気概を見せます。

彼はある意味では「Plus Ultra」を信条とする「ヒロアカ」に登場するの熱い漢の一人なのかもしれません。