BUNGO -ブンゴ- 第171話 あらすじネタバレと感想~~

BUNGO -ブンゴ- 第171話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

第170話のおさらい

前回は、監督が自分の選手時代の後悔から、ケガした選手のこの先の長い選手生命を考え、チームの絶対的主砲の息子である野田を交代させようとしました。

しかし、野田がこのままでは石浜に追いつけないと懇願し、負傷しながらも、打席に立ち、安打を放って1点を奪い取ったところでした。

 

 

BUNGO -ブンゴ- 第171話のネタバレ

コーチの車に乗せられて病院へ向かう間の会話から始まります。

 

「試合が心配か?」と聞かれ、

表面上は「そうですね」と答える野田ですが、心の中では心配など全くしていませんでした。

 

自分よりもはるかに上の才能を見てしまった野田は、ある確信を抱いていました。

「7回表、石浜はど真ん中直球を連発するだろう・・・しかし、諸星なら当てる!」

 

諸星は日本代表として野田と同じチームとしてプレーしたことがありましたが、野田も諸星もお互いに嫌いでした。

しかし、それはお互いの才能を認めていたからなのかもしれません。

 

野田の予想通り、上本牧の諸星は石浜の球にタイミングがあってきました。

ファウルチップで粘る諸星。

 

上本牧のベンチでも仲間たちが声を出して鼓舞します!

4番である諸星が石浜の球を打てれば大きく流れが変わってきます。

 

キャッチャーをやっていましたが、野田の負傷によりポジションを変更になった女房役の袴田がマウンドに声をかけてきました。

「ど真ん中直球は今の出10球目だ。もう投げるな!」

 

身体への負担が大きく、日に何度も投げられるものではないことは石浜も袴田もよく知っています。

 

しかし、ここで石浜は、

「6回に奪った1点は苦労してみんなで繋いで、野田が身体を張ってやっと手にした1点なんだ。上本牧に1%の可能性さえも感じさせてはいけない!」

 

徹底した叩きっぷりは読んだ瞬間ぞくっとしました。

石浜の並々ならぬ覚悟を感じるセリフです。

 

「諸星に当てられたとしても心配などしていない。」

野田が確信していることは・・・。

 

「全球ど真ん中直球で蹴散らす!」

と石浜は袴田に告げます。

 

石浜が放った球はキャッチャーの米村の視界から一瞬消えた!

慌てて引いたミットに偶然収まったボールは、諸星が三球三振に打ち取られたということを意味していました。

 

また一段、石浜のど真ん中直球は進化したのです。

 

野田は、「石浜は近い将来、日本一の投手になるだろう、その時俺は・・・」と考えていました。

野田は石浜が野球を始めたころに出会い、この道へ進むこととなったきっかけです。

 

その石浜が自分よりもはるかに優れた才能を持っていることを確信した野田は、自分ももっと高みを目指さないといけないと決意を新たにしているようでした。

 

一方試合は、追い詰めた静央シニア、追い詰められた上本牧シニア。

5番の下川は負けたくないという意思を瞳に込め打席に立っています。

 

しかし、アルプススタンドで見ていたライバルたちは球場を後にしてしまいました。

それほど石浜のピッチングは凄かったということでしょう。

 

とんでもない才能を見せつけた石浜は、2年前は5回コールドにより参考記録となってしまいましたが、球数89、四球1、失点0、被安打0で、今回は正真正銘のノーヒットノーランを達成。

 

静央シニアでは連投をさせないことを知っているライバルは、

「なんとかして石浜君を引っ張り出さないとね」と

目をぎらつかせてつぶやきました。

 

さあ、やっと喰える。

関東大会夏季4回戦の組み合わせが決定した。VS富士ケ丘シニア。

 

 

BUNGO -ブンゴ- 第171話の感想

2年前の石浜からの屈辱的な敗戦にリベンジを果たしてやろうと挑んできた上本牧シニア。

そのライバルチームとの決着がついに着きました。

 

選手層が2年前よりもさらに厚くなって挑んできましたが、石浜もさらにピッチングが中学生離れしていました。

紅白戦で見せたど真ん中直球を武器に、上本牧打線を翻弄していく姿はまさにエース。

2年前には無かったカーブも冴えわたりホントに規格外の投手となっていました。

 

一番最初に父親から右投げ用のグローブを買ってもらって朝から晩まで、雨の日も風の日も、台風の日も壁当てをしていたころが懐かしい!

結局石浜は左投げだったので、その後左に変えてから才能が一気に開花した形ですね。

やっぱり野球は面白い!

 

次は石浜と同じような規格外の才能を持った打者がいる富士ケ丘シニアです。

チームの方針では連投をさせないのですが果たして。。。