ゴールデンカムイ 第186話 あらすじネタバレと感想~谷垣の意趣返し!~

ゴールデンカムイ 第186話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

第185話のおさらい

前回、杉元は白石からアシリパさんが無事でいることを聞き、アシリパさんを取り戻すため後を追います。

アシリパさんは尾形に暗号の鍵を思い出したことを気付かれ、迫られます。

銃声を聴き、双眼鏡を覗きこんだ尾形は戦慄します。

吹雪の向こうに見えたのは、なんと不死身の杉元でした……!!

 

 

ゴールデンカムイ 第186話のネタバレ

今号では、杉元はリュウと白石を連れてアシリパさんをいかけます。

しかし、追ってくる杉元に気付いた尾形は、吹雪の中では分が悪いと判断し、アシリパさんを連れてげ出します。

一方で、谷垣はキロランケと遭遇することになり……

それでは、今号のあらすじとネタバレを始めます。

 

尾形は銃を構えて杉元たちに狙いを定めようとしますが、雪と風が強くて何も見えません。

アシリパが追手かと尋ねましたが、それには応えません。

 

杉元は吹雪が強い今のうちにアシリパさんたちに近付こうとします。

ところが、またもや氷が割れ、流されてしまいます。

 

氷の上で口喧嘩を始める杉元と白石。

「どうすんだよこれぇ!!シライシおまえ裸で飛び込んで氷を押せよ!!」

「うるせぇお前がやれ!!」

地味にピンチなのに言い争っている場合じゃない!(笑)

 

 

キロランケは銃声の方を調べに行きました。

待っているよう言われたソフィアは、アシリパを呼びます。

 

それを聞いたアシリパさんが早く戻らなければとこぼします。

尾形はアシリパさんに、網走監獄で杉元とのっぺら坊が撃たれたときに、キロランケがどこかに合図していたと言い放ちます。

「来いアシリパ」

 

 

その頃、谷垣と鯉登少尉は追い剥ぎたちと戦っていました。

鯉登少尉は追い剥ぎをやっつけると、月島軍曹がいないことにようやく気が付きます。

「月島は?」「どこだ月島ァ」「月島ァ!!」

月島を呼ぶこと計6回。

回呼ぶんだ…!?

それを見ている谷垣の無表情な顔が笑えます。

 

 

アシリパさんは、尾形に連れられ、逃げる間、何故キロランケが合図していたのかを問います。

尾形は、キロランケはのっぺら坊をアシリパに確認させてから、狙撃させたと説明しました。

 

キロランケはウィルクと金塊の用途で揉めていたのではないかと憶測します。

アシリパは尾形に何故今まで黙っていたのかと問い詰めました。

 

尾形は答えます。

 

アシリパが暗号の鍵を思い出すのに、キロランケの協力が必要だったこと、そして、暗号の鍵を思い出したことがバレたら、アシリパや白石も消されるかもしれないこと。

「これ以上キロランケと組むのは危険だ」

「キロランケニシパが?」

 

鯉登少尉が月島軍曹と合流している間に、谷垣はキロランケと遭遇していました。

キロランケの姿を見るや否や、り掛かる谷垣。

しかし、キロランケも氷で谷垣をぶん殴ります。

負けるな谷垣!!

 

杉元に追いつかれることを危惧し、焦る尾形。

アシリパに何を思い出したのかと聞きますが、アシリパは何も答えません。

 

劣勢の谷垣。

脳裏にインカラマッの顔が浮かびます。

自分の小刀に手をかけるキロランケ。

 

しかし、キロランケの腹にはマキリが刺さっていました。

 

谷垣が言い捨てます。

 

「網走監獄の“忘れ物”だ」

「返しに来たぞ」

 

 

ゴールデンカムイ 第186話の感想

今号では、杉元に気付いた尾形は、アシリパを連れて逃げ出しました。

後方を何度も確認して焦る様子はなんだか新鮮でしたね。

 

吹雪は杉元に味方してくれているようですが、流氷が行く手を阻みます。

しかし、尾形は嘘を重ねて、かえって自分の首を絞めてしまっているように思います。

 

この展開だと、杉元たちと和解することはまず不可能でしょうね。

そして、網走監獄ぶりに遭遇した谷垣とキロランケ。

 

谷垣がインカラマッの仇を討つ形となりました。

網走監獄の時の意趣返しを受けたキロランケですが、志半ばのまま死んでしまうのでしょうか。

内臓を傷つけられていなければ、まだ生き延びる可能性はありますが、ここは氷上。

 

果たして、どうでしょうか。。。

 

次回がどうなるか気になるところですが、今回はここまでです。