ゴールデンカムイ 第184話 あらすじネタバレと感想~白石と杉元がついに再開!~

ゴールデンカムイ 第184話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

第183話のおさらい

前回、ソフィアの話を聞いて、ウィルクの秘密の名前を思い出したアシリパさん。

狼に憧れていたウィルクの名前の由来は、ポーランド人の父親がつけた狼という意味のポーランド語でした。

ウィルクから名前の由来を聞いたアシリパさんの母親は、ウィルクにアイヌ語の名前をつけました。

アシリパさんは、ウィルクから決して忘れてはいけないと言われていたその名前を思い出し、何かに気が付きます。

その様子に気付いたのは、アシリパさんをじっと伺っていた尾形だけで……

 

ゴールデンカムイ 第184話のネタバレ

今号では、先遣隊とアシリパさんたちは流氷の上で、悪天候に見舞われます。

のんびりしていられない杉元は一人、アシリパさんたちを追いかけていってしまいます。

一方、アシリパさんたちの方は、流氷が割れたせいで、白石がアシリパさんたちから離れ離れになってしまいます。

両者とも、アシリパさんたちと合流しようと走りますが……

それでは、今号のあらすじとネタバレを始めます。

 

 

橇を押す先遣隊。

デコボコした流氷原のせいで前進出来ず、参っていました。

 

谷垣が、天候が悪くなってきたからこのまま進むのは難しいと、皆に話します。

しかし、杉元は従いません。

 

爆発があったからには、アシリパさんたちが近くにいると言い張り、リュウと一緒に走り出してしまいました。

他の面子を置いて行ってしまったけど、良いのか!?杉元!?

 

 

網走からアシリパさんをずっと追いかけてきたので、少しでも早くアシリパさんを見付けたいのでしょう。

亜港監獄に着いてからずっとそわそわしている杉元!

果たしてどこまで追いつけるのでしょうか?

 

その頃アシリパさんたちも、まだ流氷の上を歩いていました。

アシリパさんは、ウィルクから忘れてはいけないと言われたことなのに、何故今まで思い出せなかったのだろうと考えていました。

狼に関する名前だったなら、レタラで思い出せたはずにも関わらず忘れてしまっていたのは、父親が名前を教えてくれたその直後に父親もレタラもいなくなり、そのショックから、無意識の内に、出来るだけ考えないようにしていたからでした。

 

思わずいてしまうアシリパさん。

必死に涙をこらえるアシリパさんの姿が哀しいですね…

 

 

尾形がその姿を隠すように、静かに立ちはだかります。

キロランケが不思議に思い、尾形に尋ねますが、尾形は何でもないとそれを誤魔化しました。

と、その時、白石の足元の氷が真っ二つに割れました!

 

白石は別の氷に飛び移りますが、氷は白石を乗せ、アシリパさんたちから離れて行きます。

アシリパさんたちと合流するため、来た道を戻ることにした白石は急いで走っていってしまいます。

ここで白石がまさかの離脱?!

今、アシリパさんを守ってくれそうなのはソフィアだけに…!

 

そんな中、風はどんどん強くなってきます。

キロランケが、風を避けるために雪を積み、アシリパさんは暖をとるための流木を集めます。

 

尾形がアシリパさんに、流氷を探しに行こうと言います。

尾形について行くアシリパさん。

 

吹雪の中、流木を見つけたアシリパの背後に尾形が立ちます。

アシリパさんに、さっき何か重大なことを思い出したんじゃないのかと問いただす尾形。

尾形の顔が怖い!!強行突破する気なのか!?

アシリパさん絶対絶命?!誰かこの状況に気付いてくれ――ッ!!

 

白石はアシリパさんたちのところに戻るため急ぎます。

その時、足元の氷が割れ、海に落ちそうになります!

 

お守りを氷に突き刺し、持ちこたえたものの、すぐにお守りが折れてしまい、海へと落ちていく白石。

白石も絶対絶命のピンチ!!

 

 

その時、杉元が白石の手を掴みました!

助かった白石は、杉元に飛びつきます。

白石の鼻水が杉元にかかってるwww

杉元が生きていたことを大喜びする白石に、杉元も嬉しそうに笑っていました。

 

 

ゴールデンカムイ 第184話の感想

今号では、父親の秘密の名前を思い出したアシリパさんに尾形が迫りました。

ウィルクから誰にも教えてはいけないと言われた名前なので、アシリパさんも簡単には明かさないでしょう。

尾形がどんな手を使って、アシリパさんから、暗号の鍵を引き出そうとするのか、気になります。

 

今回、杉元と白石が単独行動することになりましたが、おかげで二人が再開することができました。

再開を喜び合う様子は、本当の友人同士のようでした。

 

二人はこれからアシリパさんを追うことになりそうです。

アシリパさんは今、尾形と一緒にいますが、もしアシリパさんの身に危険があれば、尾形もタダでは済まなさそうです。

 

次回も、どうなるか楽しみです。