ダイヤのA actⅡ 第149話 あらすじネタバレと感想~いきなり強烈な打球が!~

ダイヤのA actⅡ 第149話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

ダイヤのA actⅡ 第149話のネタバレ

夏の大会初戦、初回からワンアウトもとれずに由良総合に先制されてしまう沢村。

片岡監督は早速タイムをとり、伝令を走らせます。

その伝令に来たのは降谷でした。

 

そしてその最初の一言は、沢村に対して「代わろうか」というものでした。

それに対して焦りながら反対する沢村、肩も作ってないと反対しますが、降谷はすぐに作るとやる気満々です。

 

それはマウンドに行って発破をかけるように指示されてのことでした。

御幸もその意図を読みます。

沢村にとってどんな言葉よりもライバルである降谷が来るほうが力みがとれると。

 

ここから本格的な指示が出ます。

内野は中間守備、外野は長打警戒で4番との勝負に集中しろとの指示です。

 

沢村はその指示に対し、三塁ランナーは返っても仕方がないということかと責任からか再び少し力んでしまいます。

そんな沢村に倉持はブルペンには川上がいるから代わりもいると発破をかけます。

川上は奥村相手に肩を作っています。

 

御幸もどれだけ取られてもそれ以上に点を取ってやると励まします。

それに同調する内野陣。

 

そして降谷は去り際に、一応準備しておくと言い放ちます。

 

またその歳に沢村のことを名前で呼びます。

そのことに驚きを隠せない内野陣と、降谷の出番はないと憤る沢村。

 

御幸は由良総合の4番を警戒します。

ここまで打点を稼ぎまくっている打者である上、今の状態ではスクイズにダブルスチール、ランアンドヒットと何でも仕掛けることができます。

 

それに対して腹をくくると決意します。

試合が再開し初球、サインはアウトコース低め、とにかく際どいところを狙います。

 

それに対しタイムで落ち着いたのか、バックの存在を思い出し、御幸のミットに集中し直す沢村。

 

その1球はサイン通り、この日一番の球を投げることができました。

御幸も伝令に降谷を出した監督に感謝します。とにかくまず最初のアウトが欲しい青道。

2球目は見送られボールとなります。

相手の指示は変化球は全て捨て、沢村の一番自信のあるインコースのストレート、自信のある球だからこそピンチに投げたくなり、それを叩いて一気に打ち崩す作戦です。

 

続く沢村の1球は内角ストレート、相手の狙い球はファースト方向へ強烈な打球が飛びます。

 

前園が飛び込むが触れず、あわやというところで春市がファインプレー、内野の壁は抜かせません。

 

そのまま二塁に投げ込みフォースアウト、ようやく最初のアウトを取ります。

 

しかしその間に三塁ランナーが返り由良総合が2点目を取ります。

 

ようやくのワンアウト、点は取られたものの沢村も落ち着けるかと思われましたが、続く5番はバントの構え、尚も揺さぶってきます。

まさかの榊監督の細かい野球に首脳陣も戸惑いを隠せません。

コーチも春大を振り返り、判断の遅れは許されないと沢村の調子を心配します。

打者に対する初球はバント失敗させました。

 

ダイヤのA actⅡ 第149話の感想

降谷の発破は非常にきいたみたいですね。

やはりライバルの存在は大きいですね。

お互いに実力を認め、意識しているからこその関係、いいですね。

 

最初の頃は降谷が圧倒的すぎて沢村が一方的にって感じでしたが、特に2年生になってから、降谷が調子を崩したり怪我をする中、成長を見せたことでライバルって感じが強まってきました。

 

由良総合は青道時代とは違い、一般の選手が集まってこない学校だからこそ、って感じの試合運びですね。

強豪校でなければ選手が集まるということはありませんし、だからこそ相手の隙をついたり、揺さぶったりで点を取っていくやつですね。

ですがまだ青道の攻撃にも入っていません。

 

青道打線に対して、どんな作戦を見せてくれるかも注目です。