DAYS 第276話 あらすじネタバレと感想~犬童の放ったシュートの行方は?~

DAYS 第276話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

DAYS 第276話のネタバレ

選手権準々決勝・桜高対青函は2対2で同点のまま残り時間1分となります。

 

ピッチ中央で浮いたボールを平と犬童が奪い合います。

 

落下地点では平の方がいい体制で準備するも、犬童が身長差を利用し、キープします。

 

あまり話題にはならないが、長身のOMFというアドバンテージを活かしました。

しかし平もただでは渡しません。

犬童の着地間際を狙い、素早い寄せにて奪いにいきます。

けれども犬童も必死のキープ、お互い勝負を決めるプレーだと理解しているため、激しい奪い合いになります。

 

必死の表情を見せる平に対して、勝負の際でも笑みを見せる犬童。

そんな犬童をピッチ外から見て、楽しそうだと呟く成神。

 

受け手の成神から見ても、自分が倒れる間際の犬童のパスはこれ以上ないほどの最高のものであった。

 

それを倒れることで台無しにしてしまったと落ち込んでしまいます。

 

しかしそんな彼に、犬童の気持ちを代弁する姉である夏。

あれでも満足せず、さらにすごいパスを出すだろうと。

それを聞いて成神は再びピッチに視線を戻します。

ピッチ内では、ボールをキープした犬童が狭いスペースからながらも左サイドでフリーの芹沢へパスを出します。

 

そこから大きくサイドチェンジ、そのボールは途中出場の亀山へと渡ります。

 

時間的にもラストチャンスなため、必死に守ろうとする青函と責める桜高。

センタリングを警戒して守る青函DF陣に対して、亀山はセンタリングではなくマイナスのパスを選択します。

まさかのパスに青函の反応が遅れます。

 

何度も練習してきた形のようで、そこにはCBの如月が走り込みます。

樋口がそれに反応し奪いにいきますが、スライディングした先では如月もスルーします。

 

そしてその後ろから走り込むのは犬童。

犬童にマンツーマンでついていた平も反応します。

犬童にボールを持たせてしまっては何でもできると警戒します。

 

ボールを一秒もキープさせないため、ファウルもやむなしと強引に寄せます。

しかし犬童は倒れこみながらもダイレクトでボールを蹴りだします。

 

平もまさかといった表情でボールの行方を見ます。

そしてそのボールは見事な放物線を描き、青函ゴールへと突き刺さります。

 

犬童の一瞬の判断による高速ループシュートでした。

 

間もなく試合が終わる終盤での勝ち越しゴールに観衆もベンチも沸き立ちます。

そして成神は静かに借りが増えると呟きました。

 

ゴールを決めた犬童は座り込みながらも安心した表情を浮かべます。

 

DAYS 第276話の感想

今回の試合では、前半は青函、後半は桜高メインで語られた感じでしたね。

 

前半は平を中心として描いていて、後半では犬童や成神メインでした。

今回の展開では残り時間あと少しのところで犬童がその力を十二分に発揮した感じになりましたが、あのパスを成神が決めていたらどうなっていたのかも気になります。

 

あのパスを決めていたら桜高リードは変わりませんが、残り時間がかなり違ってきます。

そこを決死の青函が攻めたとしたら、また違った展開にもなったのではないかと思います。

とにかくこの試合は犬童が全てを持っていきましたね。

個人的にも桜高に勝ってほしかったのでよかったです。

 

聖蹟からしたら唯一負けたままの桜高ですからね。

決勝よりも盛り上がってしまいそうです。