BE BLUES 第359話 あらすじネタバレと感想

BE BLUES 第359話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

BE BLUES 第359話のネタバレ

流れを掴みかけていた武蒼でしたが、三石・荻本のパスからそれを受けた立彦に勝ち越しゴールを決められてしまいます。

 

その場に座り込んでしまうナベケンに呆然と立ち尽くす龍。

そして一気に沸き立つレッズユースのメンバー。

それほどまでに立彦のプレーは規格外なものでした。

 

優希も立彦のシュートにワールドクラスだと感じさせられてしまいます。

そしてその思いの裏には、龍が怪我をしていなければこうなっていたという思いもありました。

立彦のスーパープレーに観戦中の聖和台も驚きを隠せません。

 

後方からのボールの落下点の判断、トラップからシュートまでの発想、それを実行する度胸、

強烈なドライブをかけたシュートを放つ技術、それらをトップスピードでやりきる集中力、

全てが一級品で、DFやGKに付け入るスキを与えないものでした。

 

武蒼監督のミルコ・コヴァッチも小学生の頃は龍や桜庭ほどの異彩は放っておらず、後から伸びるタイプだったと評価します。

立彦は既に努力だけで獲得できる領域は越えており、怪物だと。

 

このプレーには立彦と付き合いの長いメンバーたちも驚きを隠せません。

そんな仲間たちに立彦は自分の理想を話します。

 

それは理想の龍の姿でした。

レッズに入ってからもずっとそれを追いかけてきていました。

 

そんは立彦に、すでに龍を越えているから引きずるなと憤る三石ですが、荻本が、そんな簡単なことではない、と止めます。

 

立彦が追いかけているのは現実ではなく理想、そのため再現なく大きくなるのです。

しかし今のプレーは初めて理想と重なったと喜びを露にします。

 

そんなレッズとは対照的に武蒼はショックを隠しきれません。

ついさっきまでおせおせのムードだったのがキツイ一撃でひっくり返されてしまい、応援に来ていた先輩たちも心配します。

 

呆然とする龍に立彦はすごい声をかける優人。

それに同意する龍。そこに桜庭が話しかけます。

 

さっきの立彦のプレーは怪我をする前の龍ならやっていそうなものだったと。

更に自分のプレーをよりによって立彦に真似されて悔しくないのかと発破をかけます。

 

しかし龍は自分にはあんなアイディアも実現する技術もなく、立彦だからこそのプレーだと言います。

そんな龍に力が抜けてしまう桜庭でしたが、龍はそこから悔しさを滲ませます。

 

レッズも、立彦も三石も荻本もスゴい、だからこそ自分達も勝つために力を合わせようと優人と桜庭の肩を組みます。

 

BE BLUES 第359話の感想

立彦大フィーバーの今回でしたが、それよりも感じたことがありました。

 

桜庭、成長しましたね。

 

立彦のプレーをかつての龍ならやりそうと認めたり、勝つために龍に発破をかけにいったり。

 

また、最後に龍が桜庭の肩を組んでましたが、以前ならそれすらも嫌がって無理やり振り払ってそうなイメージがありましたが。

 

確かに立彦はすごい選手ですが、龍・桜庭も天才級、しかも競い会う部分が違うように感じます。

桜庭は足元の技術なら類を見ないほどですし。

この逆境からこの3人がどんなプレーをみせてくれるのかが楽しみですね。

 

この試合が終われば再び立彦と競い会うこともなかなかないでしょうから、残り時間がどんな展開で進んでいくのか、楽しみです。