君は008 第41話 あらすじネタバレと感想~名乗らん君の名前が判明!~

君は008 第41話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

君は008 第41話のネタバレ

名乗らん君はエイトに対し圧倒的な実力差を見せつけます。

 

しかし、どれだけやられようとも名乗らん君の名前を知ることをあきらめないエイト。

そんなエイトに対し、何故なのか問いかけます。

その答えは単純なものでした。

エイトは友達として名前を知りたいのです。

 

その思いを込めて再び名乗らん君に切りかかります。

その一撃は受け止められてしまいますが、「友達」という言葉に反応し、名乗らん君は自分の過去を思い出します。

 

幼い頃、1人で積み木のパターンを導きだす名乗らん君に1人の女性が話しかけます。

その女性は名乗らん君の身の回りの世話をするのが役目のようです。

そして、その女性は自分が名乗らん君の友達だと話しかけます。

そして、友達は名前で呼び会うものだと、識別番号で呼ぶのを止め、名前をつけてあげると言います。

 

ここで回想が終わり、再び模擬戦に戻ります。

エイトからの一撃を弾き返し、返す刀で攻撃に転ずる名乗らん君。

しかしその一撃はエイトに避けられてしまいます。

 

その動作は名乗らん君にとって予想外のもので、戦いの最中にも腕をあげていると驚きを隠せません。

観戦中のアイスマンもその動きには感心しています。

名乗らん君の一撃をかわしたエイトはそのまま名乗らん君の側面から切りかかります。

その顔には意表をついたことに対する自信さえ伺えます。

 

しかしその一撃に対して距離を詰め、かわしながらも腹に一撃入れる名乗らん君。

この一撃にエイトは倒れてしまいます。

ここでアイスマンが模擬戦を止め、エイトを医務室へ連れていくように指示します。

意識を失ったエイトには、野原とあやめが駆け寄ります。

 

模擬戦にも関わらずやり過ぎだと名乗らん君を責める野原でしたが、それはアイスマンに止められます。

血と汗を流すことでしか戦闘力は向上しないため、二人を誉めながら、今後も手加減は不要だと言い放ちます。

 

ここで再び名乗らん君が過去を思い出します。

訓練時にダミーロボット相手にいつも叩かれて可哀想と手加減してしまいます。

そのことに対し、研究者から叱責されてますが、識別番号で呼ばれても無視してしまいます。

 

そのことからあの女性が名前をつけたことがバレてしまい、担当を外されてしまいます。

名乗らん君にとって名前はその女性と二人だけの秘密なのです。

屋上で1人佇む名乗らん君。

そんな彼のもとに満身創痍のエイトが現れ、再び勝負を挑みます。

 

そんなエイトに対し、いつから友達になったのかと怒る名乗らん君。

そんな彼にエイトは、初めて会った時からだと返します。

そんな彼に、コインで決めると言う名乗らん君。

エイトは裏を選択しますがコインは表。

 

エイトはそれを見て再び倒れてしまいます。

そんなエイトを医務室へ連れていく名乗らん君。

そして夜、下のベッドで眠るエイトの耳元で自分の名前を伝える名乗らん君。

名乗らん君の名前は「アスヤ」というようです。

 

君は008 第41話の感想

いやいや、模擬戦といえどやりすぎだろう、と突っ込んでしまいました。

毎回こんなことやってたら、命がいくつあっても足りませんね。

今回はエイトの男気溢れる回でしたね。

初めて会ったときから友達とは、なかなか言えないですよね。

そして友達の名を知るためならどんな困難も厭わない姿勢、かっこいいですね。

ですが、今回の話を見ていると名乗らん君が名前を教えなかったのは名付けてくれた女性との二人だけの秘密とうこともあったのですね。

それを考えると、名乗らん君があれだけ隠していたのにも納得できるような気もします。

ここで名乗らん君の話は一段落、次回以降も楽しみですね。
名乗らん君としては眠っているエイトに名前を伝えましたが、エイトは聞こえていたのでしょうか?

 

聞こえてなければまた繰り返しそうな気もしてしまいます。