ハイキュー!! 第330話 あらすじネタバレと感想~狙われた木兎~

ハイキュー!! 第330話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

ハイキュー!! 第330話のネタバレ

前回、相手からの球を胸で上げた木兎。

 

まさかのプレーに観客も実況も湧きます。

そしてその球をそのまま決めきり、11対10で狢坂リード。

 

観戦中の烏野も日向の師匠だと話題になりますが、

影山曰く、日向はぶつかりにいくのに対し、木兎はあくまで選択した結果なのだそうです。

そんな木兎のプレーに観客も魅了されますが、そんな空気を断つかのように桐生が叩きつけるようなスパイクを決めます。

その後も木兎を狙いつつサービスエースを決めます。

 

他人の評価を気にしてしまったり、他人と自分を比べたりしてしまう桐生としては、

そんな雑念に苛まれず、ただ単にバレーボールをしにくる木兎や同じ三本指の牛島には絶対に負けたくないようです。

 

二本目のサーブも再び木兎を狙い、

木兎も触れるものの強烈なサーブで連続エースを決め、

あっという間に狢坂が4点リードになります。

 

ここで梟谷が1回目のTOを取ります。

黒尾曰く木兎は前衛でブロックと真っ向勝負になるだけではなく、サーブでも狙われます。

 

相手が強くなればサーブの威力も上がり、

狙われ続けるプレッシャーはかなりのものになってしまいます。

 

そんな木兎に内心で負けるなと檄を飛ばします。

 

TOが明け、桐生の三本目のサーブはアウト。

やり返すかのように木兎もストレートにスパイクを狙いますが、それは狢坂の4番雲南にブロックされてしまいます。

その雲南はもう1人のMBである猯を挑発しています。

研磨曰く狢坂はMBをストレート側に配置し、対木兎シフトをしいているようです。

それは前日から木兎のストレートがキレキレなためです。

次のポイントでは、臼利の放ったサーブがネットインとなり少し崩され、赤葦は木兎に上げます。

 

ストレートを対策されているためクロスに打ち込みますが、そこにはリベロが待っていました。

対木兎シフトは、ストレートを防ぐとともに、クロスに打つようにより強く仕向けていたのです。

そのままポイントも奪われ、少しずつ点差が開いていきます。

 

臼利の二本目のサーブ。

相変わらず際どいところを狙ってきます。

しかしそんなサーブを軽くレシーブしいい返球が。

 

赤葦は木兎のことを視界に入れつつもツーアタックを選択します。

しかしそれは同じくセッターである臼利に完全に読まれてしまい、臼利の指示で飛んだブロックに完璧に止められてしまいます。

 

ここでまさかの赤葦の不調です。

 

点数は狢坂18梟谷12と6点差まで開いてしまいます。

 

 

ハイキュー!! 第330話の感想

今回の様子を見ていると、木兎らしいプレーが最初の胸レシーブしかありませんでしたね。

その後はストレート、クロス共に止められてしまい、サーブでも狙われ、かなりキツイ展開が続いていますね。

 

メンバーとしてはいつ木兎のスイッチが切れるかが心配そうです。

しかし当然全国区のエース要するに狢坂に木兎は必要です。

どこで木兎らしいプレーがで出すかが楽しみですね。

ここで負けてしまうと、前日の夜の木兎らしくなかったシーンがフラグになってしまうので。

 

また、桐生はこれまででてきた木兎や牛島といった自信満々のエースというより、挫折を知るエースということで、また違った強さを持っていますね。

牛島並の絶望観を与えてくれるのはさすが三本指といったところです。