ゴールデンカムイ  第182話 あらすじネタバレと感想-ウィルクの大きな野望が判明!?-

ゴールデンカムイ 第182話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

ゴールデンカムイ 第182話のネタバレ

 今話ではアシリパさんたちと共にソフィアが亜港監獄から脱獄しました

アシリパさんはソフィアから自分の父親のことを聞きウィルクの大きな野望判明します

それでは今月号のあらすじを始めます

 

 

シリパたちは追い掛けてくる看守をまくニヴフの漁師たちに紛れ姿を眩まします

脱獄決行の時間を漁師の多い明け方にしたことが功を奏しアシリパたちは見事追手の追跡を逃れることができました

白石の脱獄のテクニックが毎度鮮やかで驚かされます

ムードメーカーなので忘れがちですが用意周到で抜け目のないキャラですよね

 

 

道中アシリパはソフィアから自分の父親であるウィルクについて話を聞きます

ソフィアは元々裕福な家に育ち都会しか知らないようなお嬢様でしたが

革命運動でウィルクに出会い彼から自分の知らなかった色々なことを教わったようです

 

 

コケモモの塩漬け

樺太アイヌの犬ぞり

ニヴフのアザラシや魚の皮で作った

極東に住む少数民族たちの生活

独自の言葉

信じている神様--

 

それらは戦って守らないとすべて消えてしまうウィルクは言います

生まれてくる子供たちは言葉も神様も忘れて文化は風化してしまうだろう

 

アメリカの先住民族はどうして白人にけたのか

それは各部族が対立し合って殺し合っていたからだ続けました

 

 

本の北海道にも樺太アイヌによく似た文化をもつ民族がいるのだそうだ

それぞれの民族は少ないだろうが協力し合ばきっと

 

そしてウィルクは言います

 

樺太北海道を含めた極東連邦国家を作ればいい

白石が冷や汗を流しながらその話を聞く横でアシリパはソフィアの話を神妙な面持ちで聞いています

 

 

くなった父親の話を黙って聞いている彼女は何を想っているのでしょうか。。。

 

 

場所は変わり亜港監獄では杉本たちがキロランケの爆弾の痕跡を発見していました

一歩遅かったもののアシリパたちが近いことを月島軍曹は感じ取っています

 

杉本はリュウを使ってアシリパさんを探そうと思い付きます

ところがリュウにマキリを嗅がせているとエノノカとチカパシが叫び出しました

 

振り返る谷垣の前にはトラ

 

ぁうッ驚く谷垣

 

 

谷垣の釦が何故か弾け飛びます

トラに驚いて銃を抱える杉本

 

 

その隙に犬ぞりの犬たちはすたこらさっさと逃げています

流石に虎には適わないと見えますね

 

 

月島軍曹谷垣が銃で撃つと虎はすぐさま翻しました

辺りに銃声が響きます

 

尾形がその銃声に気付き後方を確認します

声は古い銃で使われるような黒色火薬の間延びした音だと判断しました

 

尾形がまさかな呟いたところで今月号はお終いです

 

 

ゴールデンカムイ 第182話の感想

ようやくソフィアが脱獄して一安心と言ったところでしょうか?

ソフィアの話からは、ウィルクの少数民族への思い入れが感じられました。

 

アシリパさんは今後、父親の遺志を受け継ぐことになるのでしょうか…?

そして、先遣隊。

 

トラに驚いて弾け飛ぶ、谷垣の釦に笑ってしまいました。何度目だ

 

先遣隊の面々が、アシリパさんたちと合流の予感ですね。

 

随分長い間、離れ離れになっていたように感じますが、ようやく杉本とアシリパさんが再開出来そうです。

 

ただ、アシリパさんを拐ったキロランケや尾形とは争うことになりそうですが、どうするのでしょうか。

 

今回は銃声に振り返る尾形の姿と、意味深なシーンで終わりましたし、次回が気になるところです。