約束のネバーランド 第129話 あらすじネタバレと感想~ノーマンらの背負った過去が判明!~

約束のネバーランド 第129話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

約束のネバーランド 第129話のネタバレ

エマとレイの話を聞いて己の両手を見つめるノーマン。

何か思うところがある様子。

 

その後ノーマンは暗い階段を歩き、鬼が捕らえられた地下室に行きます。

そこにはバーバラ、ヴィンセント、シスロもいます。

 

「ここへ来るのも久しぶりだね」というノーマンに「俺はよく来るぜ おちつくんだ」とシスロ。

おそらく生け捕りにされて壁に繋がれている鬼がいますが、

その鬼の状態はほぼ野良鬼のようです。

 

ノーマンはそこでエマ達が鬼を絶滅させたくないといったことをヴィンセント、バーバラ、シスロの3人に伝えます。

そして邪血の一族が生きていたことを伝えます。

それがエマ達の友達であることも含めて。

 

それに対して3人は動揺します。

バーバラは特に「鬼と友達?なんでだよ なんなんだよ」と怒り「鬼っていうのはそういうんじゃない…!そういうんじゃないだろう…!?」と歯を食いしばり怒りをあらわにした表情を全面に出します。

 

そしてバーバラがおそらく日常から鬼の家畜になったラートリー家での実験の日々の回想が入ります。

その瞬間、バーバラは頭痛を訴えます。相当な嫌みのようで「来た」「割れる…頭が…」と訴えます。

鬼に何かされたバーバラを始めとヴィンセントとシスロ3人には定期的に頭痛といった症状の発作が来るようです。

そしてその頻度は短くなっているとヴィンセントはノーマンに言います。

 

バーバラへの薬はヴィンセントが飲ませましたがその量も相当で、彼は「我々にも時間がないのかもしれない」と寿命を示唆するようなことを言います。

「奴らさえ…鬼さえいなければ…!!」と頭を押さえ泣くバーバラ。

 

シスロはエマ達がいい奴だと言います。

しかしボス、ノーマンはこっち側かどうか、鬼を憎んで殺すかどうかを問います。

「ボスは迷ってなんかないよな?」困惑顔で訴えるシスロ。

 

ノーマンは「ここまでやったんだ 無論後には退かないよ」と言いました。

そこで今までいた地下室の全貌が見えます。

鬼の各部位が瓶詰めされて所狭しと並んでいる部屋だったのです。

 

過去、ノーマンがラートリー家にいたころ、鬼のデータが全く足りないと指摘あしました。

そこから鬼のサンプル集めは始まったのだろうことが示唆されています。

そしてここからノーマンの回想が入ります。

 

ノーマンは迷っていないっ子と、手を下し、背負う事、優しいだけじゃ世界を救えないという事、ノーマンが出荷された事実で脱穀できただろうことを思い馳せます。

「僕に悔いはない」とノーマンは思います。

みんなを救うためなら神にでも悪魔にでも喜んでなるよ、エマと半身天使半身死神のような」絵でノーマンは出で立つのでした。

 

 

約束のネバーランド 第129話の感想

ノーマンが背負ったのは仲間の命だけではなく、殺した鬼の命もあるのでしょう。

これを知ったらエマはどうなるのでしょう?怒るか、そうさせてしまったことを泣くのか、判断がつきません。

バーバラ含む3人の寿命も気になるところですし、もう彼らには時間が残されていないのでノーマンの計画は早急に進められるのでしょう。

エマ達は間に合うのか、今後が気になります。