約束のネバーランド 第125話 あらすじネタバレと感想~天才ノーマンがついに動く!~

約束のネバーランド 第125話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

約束のネバーランド 第125話のネタバレ

ノーマンはザジと2人で鬼に囲まれています。

ハアハアと息を荒くする鬼たち。

それに対してノーマンは冷静に「ザジ、大丈夫。刀を収めて」と言います。

鬼は「すまないね、君があまりにも美味しそうだから」と言います。

 

その見た目は品がなく、荒くれている者よう。

その身なりはノーマンの「皆さんの食事の不自由さには十分にお察ししています」という台詞で大体察しが付きます。

貴族ではい鬼のようです。

 

ノーマンは鬼に恐れることなく

「それにあなた方は十分にわかっていらっしゃるはずだ」

「今ここでわれわれを食らうより我々を生かして同盟を結ぶ方が何倍もあなた方に有益であると」

「それに人肉に困らない生活を再び手にできる唯一の選択であるともね」と話し始めます。

 

複数の鬼相手に意見を述べる肝の据わった様子のノーマン。

そしてソレは現れます。

 

卿と呼ばれるそれはノーマンの身長の3倍はあるでしょうか。

巨体で怪獣のような手、杖を突き派手な服を着た卿はヒト型ではありますが、今まで見た貴族の鬼よりも異形の見た目をしています。

 

ノーマンに「遠路ご苦労 W・ミネルヴァ」とあいさつする彼はギーラン卿と呼ばれる鬼は元貴族の様子。

ノーマンはザシに支持をし手土産として先日潰した量産農園の上級職員のバラバラ死体をギーラン卿に献上します。

その後、2人の話は本題に入ります。

 

2人は同盟を組む様子ですが、その内容は「ノーマンは戦力の提供を要求、対価として700年前にギーラン卿を裏切った王家・現五摂家の首の献上」でした。

王家と五摂家を一掃すればまたギーラン卿は政権中枢に返り咲ける、そして鬼世界はギーラン卿の物ということがギーラン卿の望む復讐の様です。

そしてその対価にノーマンは「全食用児の開放、食用児の自治を認めること」を要求しました。

 

そうなると鬼が死んでしまうのでは、と驚愕する鬼たちですがノーマンは「農園の設備はそのまま差し上げ、ラートリー家を好きに使っていい」という言葉を続けました。

ラートリー家の技術さえあれば髪の毛一本から何百もの人間が増産可能です。

これを活用する代わりに今の食用児の安全を保障しろと言うことでしょう。

 

そして2人は同盟を組むことになります。

「もし約束を守れなかったら?」という問いに「我が仲間たちを食らい尽くせばいい」と肝の据わった返事をするノーマン。

これにて同盟は成立しました。

 

しかしこの同盟は嘘だらけのようです。

ノーマンの頭の中では「食用児が無血でこの革命に勝つプラン」がありました。

それは「食用児と鬼で戦うのではなく、鬼と鬼で戦わせ、共倒れさせる」というものでした。

 

ノーマンにとってギーラン卿はあくまで駒の1つの様です。

ギーラン卿も卿で食用児等生かす気はなく、ノーマンとの契約書にある彼の血の拇印を舐め、その味から彼がGFの特上3匹ではないかと推測し、それは王すらも食えない「以前から出てきた読めない鬼語」の御前だと気付くのです。

それに気づかれていることすらノーマンのsカウのうちの1つの様で、彼は不敵な笑みを浮かべ「最後に笑うのは食用児だ」と言い放つのでした。

 

約束のネバーランド 第125話の感想

ノーマンの作戦がついに始動し、思いもよらない展開へ。

今まで食用児VS鬼でしたが鬼VS鬼の展開を描こうというものです。

これにはエマはどう意見するのか?

ノーマンの作戦は滞りなく進むのか?

今後の作戦の動きは?

と疑問が付きません。面白くなってきました。

 

やはり頭脳戦こそ約ネバの本懐と言えるのではないでしょうか。

そしてさらっと「読めない鬼語」の名前がまた出てきました。

そしてそれは王より上の立場の様子。

これは数少ない「読めない鬼語」の手掛かりではないでしょうか!?

神的な?鬼の神ってなんだ…と疑問がまた増えます。

今後その正体も知りたいですね。楽しみです。