マトリズム 第59話 あらすじネタバレと感想~もはや脅迫!店長の執着~

マトリズム 第59話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

マトリズム 第58話のおさらい

バイトも辞め、店長との関係をリセットしようとしていた由依。

その夜、自宅で気が付けば店長室のスペアキーを持っていたことを思い出します。

 

金庫の中には大麻がある。暗証番号も知っている。その気になれば使用することができる・・・

終わったことだから、私には関係がない!と割り切ろうとするも、由依の気持ちは揺れ動いています。

 

その頃、仕事を終えた店長は由依のアパートの下に来ていました。

由依の写真と大麻の写真を見つめ口づけをする不審者の店長。

 

翌朝、店長から大麻のお誘いメールと共に「とにかく一度きちんと話し合おう」と。

執着する店長の度の過ぎる執着に対して恐怖を感じる由依。

果たして由依は店長と大麻をリセットできるのでしょうか!?

 

マトリズム 第59話のネタバレ

店長から大麻の写真と共に「あの快楽は忘れられないよね」のメール

由依は店長の執着に対し、その執念に対してただその場で座り込んで動けなくなってしまいます。

暫く茫然とした後、由依はなぜこうなったのかを思いだします。

 

バイトでの初日、挨拶をする由依に店長は笑顔で「大丈夫大丈夫。そんなに緊張しなくても大丈夫だから」と優しく接してくれました。

お尻を触られることもありましたけど。

そこでバイトのおばちゃんとも出会い、優しく指導してくれました。

 

そんな日々が続いてた時、由依は店長に彼氏がいないことを聞かれ、「彼氏がいないなら全然いいよね。大丈夫大丈夫」と、誘われるがままホテルに行きました

 

店長は由依に「大丈夫だよ。怖くないから。大丈夫だから、大丈夫大丈夫・・・」と由依の裸体を携帯の写真に撮影しました。

 

その後も店長との肉体関係は続き、店長に誘われるがままに大麻吸引を行います。

その時も店長は必死で由依と大麻を写真に収めています・・・。

 

ここまでのことを思い出した矢先、由依は後悔と悲しみでその場で倒れこむように泣きつくします。

 

そこでまた店長からメールが入ります。

「とにかく一度会いたいんだ。会って話がしたいんだ。」

 

泣きじゃくり、思考停止となっている今の由依に返答する気力などありません。

 

更に店長から追い打ちのメール「このまま無視したりブロックしたりした場合にはこっちにも考えがあるよ」

「今すぐにとは言いません。今日中にお返事を下さい」と。

 

このメールに由依は疲れきりました。

 

再び由依は過去の自分を思い返します。

小学校から大学まで、本当の友達と言える人はおらず、彼氏もいなかった。

バイトを始めたきっかけも、同世代が少なさそうなスーパーだったからとの理由でした。

 

店長から誘われた時、相手に家庭があったのは知っていましたが、由依にはそんなことはどうでもよくて、なぜ自分が誘われるのかが不思議でした。

本当になぜ私なんかを誘ったのか・・・と考え込む由依。

 

答えはでないまま、由依は店長と会うことにしました。

店長はいつもの笑顔で「さ、乗って乗って。大丈夫だから」と車内へ由依を誘いました。

 

マトリズム 第59話の感想

店長からのメールに疲弊し、自分を見失いそうになる由依。

今回は由依と店長との馴れ初め、由依の人格像の回想の多い展開でした。

 

後悔をしている・・でも、なぜ私を必要としてくれているのかに疑問を抱く由依。

このまま関係を切ることを許してくれない店長に合うこととなった由依はどうなるのでしょうか!?

 

大麻の魔力!店長の笑顔に由依はどう戦うのでしょうか!?