約束のネバーランド 第121話 あらすじネタバレと感想~ようやくみんな幸せになれた!?~

約束のネバーランド 第121話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

約束のネバーランド 第121話のネタバレ

過去の回想シーンで昔のエマが「私は全食用児を解放したい」と語るところから今回は始まります。

そして大人になったノーマンが「つくろう」「農園を潰せばいずれ鬼は滅ぶ。

鬼も大人になれない世界もラートリー家も僕が全て終わらせる」と精悍な顔つきで堂々と宣言しました。

そんなノーマンを見てエマはあっけにとられて言葉も出ません。

 

何かを言いたげなエマですが、他の家族の大きな歓声を前には消えてしましました。

皆口々に「すごいや!」「鬼がたおせる!」「農園さえ潰せれば」と嬉しそうな顔で声をあげます。

 

「食用児たちが人間の世界へ逃げるものそれはそれで不安はあった」と語る子も。

そうですね、100%受け入れてもらえる確証はありませんでした。

その点ノーマンのプランは実行できれば確実に生きていけるのです。

 

「鬼に追われない世界にするために今“七つの壁を”を目指してきたんじゃ」という声も上がりますが、それに対してレイは冷静に「もし戦略的に鬼をなくす方法があるならそっちの方が確実だ」とプラン変更を言い渡します。

 

エマはここでも何も言えず、始終困惑した顔をしていました。

皆が安心し笑顔を浮かべる中、ギルダも「よかったぁ」と安堵の声をあげます。

 

「これでエマに無茶させずに済む」と相変わらずなんとも優しいギルダです。

そうしてようやくエマは「よかった、よかったよ」と笑顔になるのでした。

 

その後ノーマンはみんなを案内するため下の階へ。

そこではノーマンは「ボス」「ミネルヴァさん」と呼ばれていました。

 

そして案内されたのは立派なおうち。

ベッドが並び、お風呂があり、大きなキッチンもある家です。

 

そして旅をしていた子ども達には貴重であるトイレも当然完備されています。

子ども達はノーマンに向かって「ありがとうございます!!」とびしっとお辞儀。

 

それを見てエマはみんな「どんどんハヤト達みたいになってきた」と困惑気味の様子。

ノーマンと皆は対等な関係のはずですが、なんだか一抹の不安を覚えた子もいました。

 

「ノーマンのことなんて呼べばいい?」と。

皆がボスと呼んでいますから、それに倣うべきかと。

しかしノーマンは笑顔で「僕はノーマンだよ。僕は僕だよ」と語りかけます。

 

そして笑顔のハグ。

やはりノーマンは変わっていない様子です。

 

その後は食事をします。

美味しそうな肉や魚を使った料理がずらりと並んでおり、「いただきます!!」とはしゃぎながらの食事のシーンは今までの苦労の分味わってほしい!と心から思えます。

皆が笑顔で幸福そう。

 

ノーマンも「ああ楽しい!」と屈託なく笑います。

エマもノーマンが隣にいる幸せを噛みしめている様子。

 

エマはチェスをノーマンに持ち掛け、レイも混ざり、最後には3人が互いを支え合って眠ってしまします。

安らかで幸せな3人の寝顔は年相応の顔でした。

 

約束のネバーランド 第121話の感想

今までの苦労が全て今幸せに変わった!と言わんばかりな回でした。

この子たちが鬼に怯えず年相応にはしゃげるのは貴重であり、読者の方も待ち望んでいたことではないでしょうか?

しかし幸福の中に影はあるので、油断ができないなと思ってしまいます。

 

原作の白井さんは上げて落とす戦法を使い方だと思っています故に。

エマもそこら辺を感じ取っているのか、ずっと何か言いたげでしたね。

それはただ単にあっけにとられて何も言えないのか、それとも他に何か意図があるのか…今後の展開で伏線として回収されるのでしょうか。

 

そして始終ノーマンのカリスマ性が光りますね。

彼よりエマの方がリーダー気質かと思っていたのですが、ノーマンの方がまとめ上げるのは上手な印象さえ感じます。

レイよりもイケメンに描かれているように思えますし、約ネバのイケメン枠は彼なのでしょうか。

そんな彼が次回も皆にどんなことを発言するのか、気になるところですね。