ゴールデンカムイ 第188話 あらすじネタバレと感想~ウィルクの名前の由来~

ゴールデンカムイ 第188話 あらすじネタバレと感想を紹介します!

 

第187話のおさらい

前回、アシリパから暗号の鍵を聞くため、嘘を重ねる尾形でしたが、聡明なアシリパさんにより、嘘を見破られてしまいます。

開き直った尾形は、今度はアシリパさんに自分を殺させようと、杉元と父親を撃ったのは自分であることを明かします。

一度弓を構えたものの、思い直し、不殺の決意を貫くアシリパさん。

弟と同じように手を汚そうとしないアシリパさんの姿を目にして、怒った尾形は銃を向けます。

まさに一触即発の中、そこに現れたのは憤怒した杉元で……

 

 

ゴールデンカムイ 第188話のネタバレ

今号では、アシリパさんに銃を向ける尾形の前に杉元が現れます。

尾形に向けた矢をつい放ってしまうアシリパさん。

尾形はアシリパが手を汚したことに満足するかのように笑うと、倒れてしまいますが……

それでは、今号のあらすじとネタバレを始めます。

 

憤怒した杉元は尾形の名前を叫びます。

突然現れた杉元にびっくりしたアシリパさんは、構えていた矢から手を放してしまいます。

 

――トッ

 

アシリパさんの手を離れた矢は、尾形の目に命中してしまいました。

片目を撃たれた尾形は、慌てるアシリパさんを見て不敵に笑いながら倒れました。

 

取り返しのつかないことをしてしまったと愕然とするアシリパさん。

このまま尾形が死んでしまったら、アシリパさんは一生後悔してしまう……!!

尾形まだ死なないでー!?

 

尾形が崩れ落ちるや否や、杉元が近付きます。

杉元は尾形の髪をむんずと掴み、折りたたみ式刃物を取り出しました。

刃物を突き刺すと、血しぶきが杉元にも掛かります。

手が震え、腰を抜かすアシリパさん。

恐らくまだ尾形には意識があるでしょうに、中々にグロいです……。

 

――ベチャッ

 

尾形の顔から矢の刺さった眼が取り出されました。

 

杉元は尾形の目から毒を吸い出します。

この流れでは死なせないという杉元。

 

「あの子を人殺しにはさせねぇ」

お前の「死」にこれっぽっちも関わらせるもんかよと言うと、杉元は尾形の目に端切れを巻いてやりました。

 

氷の割れる音に杉元がハッと見ると、アシリパさんが流されかけていました。

「アシリパさん!!」

手を差し伸ばす杉元。

 

茫然としていたアシリパさんも我に返ります。

「杉…杉元!!」

 

二人の伸ばした手がしっかりと掴まれます。

そのまま杉元の胸に飛び込むアシリパさん。

「やっぱり生きてた」

アシリパさんの目には涙が浮かんでいました。

「言ったろ?不死身だって…

 

二人の元へ走り寄ろうと吠えるリュウを白石が窘めます。

「こらこらおじゃま虫だぜ」

白石が良い仕事をしていますね。

 

「立てるかいアシリパさん、さあ行こうか」

「離れない…!!」

アシリパさんらしくない発言に、でもキロランケを追わなきゃと言う杉元。

 

「なんか…まぶたがくっついて離れないッ」

なんと、杉元の金属ボタンにアシリパのまぶたがくっついてとれないという緊急事態発生!(笑)

 

呼ばれてやってくる白石。

「どうかした?」

オシッコかけてくれ

「「え?」」

流石に驚くアシリパさん。

「え?何かけるって?ちょっとまて」

「オシッコ出るか!?白石!!」

「膀胱が破裂しそうなほどパンパンだぜ」

阿吽の呼吸の杉元と白石。

 

ヒロインになんてことを…www

「ちょ…ヤメロ!おいッ」

アシリパさんの抵抗も空しく、白石にオシッコをかけられるアシリパさん。

 

いつの間にか吹雪はやみ、太陽の光が三人を照らし出します。

「もういいゾ~白石もういいぞ~~」

白石は泣き笑いしながら杉元に言います。

「オイ杉元泣いてんのかよ?」

お前のオシッコだ

 

 

ゴールデンカムイ 第188話の感想

今号では、相対するアシリパと尾形の前に杉元が登場しました。

これまで追い掛けてきた分、やっとという感じがあります。

 

尾形はアシリパさんの矢が刺さってしまったものの、杉元の応急処置でなんとかなりそうでしょうか。

尾形は各本面から恨みを買っているので、生き長らえたとして、どうするのか気になるところです。

 

そして今回は、感動の再開シーンからの白石のオシッコという、ジェットコースターのような展開でした。

白石のオシッコの伏線も回収したし、あとはキロランケと谷垣ですね。

次回も楽しみです。